サンワのコラム

基礎化粧品・洗顔・枠練り石鹸の専門家、
サンワ・ウイングスがちょっとためになる豆知識をご紹介。

最新の投稿

ボディソープで洗顔は厳禁!顔と体では皮膚が違う

「洗顔料がなくなっちゃった、今日はボディソープで洗えばいいかな?」ちょっと待ってください!それはいけません!ボディソープと洗顔料は兼用できません。ただ、考えてみれば確かに顔も体も同じお肌ですよね。頭は髪の毛が生えているのでシャンプー。首から下はボディソープ。それは分かります。ではなぜ顔だけが洗顔料なのでしょうか。顔と体の皮膚の違いに迫ります。 顔の皮膚は薄い 頭から足指の先まで人間の身体は1枚の皮膚で覆われています。その面積を合計すると畳1枚分ほどにもなる

旅行や転居で肌荒れ?その思いがけない理由とは

旅って素敵ですよね。リフレッシュできたりリラックスできたり、好奇心が刺激されたり。いつもと違う非日常を楽しむのが好きというかたも多そうです。旅行先で宿泊し、いつも通りのスキンケア・ヘアケアをしているつもりなのに、いつもより肌や髪の調子が悪いと感じることはありませんか。旅行に限らず、出張や転居などでも肌や髪に違和感を持った経験はありませんか。「いつもと違う」「今までと違う」というストレスから起こりうるとも考えられますが、実はそれ以外にも大きな原因となるものが

女性の薄毛は特別なことじゃない。そのメカニズムを徹底解説

漆黒で艶のある豊かな長い髪が美人の条件だった平安時代からも分かるように、日本では髪が重要視されてきました。顔よりもまずは髪が美人の条件というのも、今から考えると少し面白く不思議な感じもしますね。時代は移り、黒く長い髪が美人の条件ではなくなり、もっと髪は自由になりましたね。それでも艶のある髪が美しさの大きな要素の一つであることは変わりません。ところが残念なことに、年齢を重ねていくと髪は変化していきます。加齢によって、多くの女性が髪に悩みを抱えているのです。

サロンで売るべきものは技術メニューだけではない

コロナ禍となり、対面接客の機会が激減しています。状況は徐々に好転していくと考えられるものの、コロナ禍以前と同じ状況が数年以内に戻ってくるかどうかについては、かなり厳しい予想も出ています。ただ希望があるとすれば、「プロにカウンセリングしてもらいたい」「自分の肌について知りたい」という欲求は、消えるどころか高まっているのではないかということ。仕事でもプライベートでもビデオチャットを利用する機会が増え、画面越しに自分の顔を見る回数が増えたことから、「きれいになり

シワのない唇へ!NG行為とケア方法とは

顔のパーツの中で唯一色味がありパッと目を引く唇。毎日のスキンケアの中で、特別な唇ケアをしていますか?唇は皮膚というよりも、粘膜にちかい構造をしています。汗腺や皮脂腺がないので天然のバリアである皮脂膜を形成することができません。顔のほかの部分よりも敏感で繊細だという意識をもって、優しくケアしましょう。 舐めない、むかない、こすらない 唇への三大NG行為は「舐める」「皮をむく」「こする」です。頭では分かっていても、ついやってしまいがちなこれらの習慣は確実に唇に

シャンプーのサシェセットが人気な理由

ドラッグストアやスーパーなどのシャンプー・コンディショナー売り場に行くと、試供品かな?と思うような使い切りの小さなパッケージで売られている商品があります。これらは「サシェ」と呼ばれる小袋販売です。お試しだけではもったいない、有用なサシェの魅力に迫ります。 旅行用だけじゃもったいない 1回使い切りの小袋シャンプーを使う機会と言えば、どんな時を思い浮かべるでしょうか。まずは旅行。ホテル備え付けのシャンプーがある場合でも、使い慣れたもの・より洗い上りの良いものを

シリコンは悪いって本当?目的別シャンプーの選び方

シャンプーを買おうとするとき、「ノンシリコン」が謳われている商品とそうではない商品があったらどちらを選びますか。「なんとなく髪に良さそうだな」とノンシリコンというフレーズを決め手に商品を選ぶことがあるでしょうか。巷ではどうにもシリコンは悪者のイメージが強いようです。しかし実のところ、シリコンは悪者だと一概に言い切ることはできません。シリコンについて正しく知り、上手に使いこなして健康できれいな髪を目指しましょう。 シリコン=まとまり重視 ノンシリコン=ボリュ

きれいな証明写真のためのメイク講座

証明写真は就職・転職時に履歴書に貼付、あるいはIDカードや資格証の顔写真として使用するときなどに使われます。スナップ写真ではおどけたり面白く写ったりするのも良いですが、証明写真となると話は別。マナーを守って好印象を持ってもらえるような写真にすることが大切です。そのためにはメイクも重要。証明写真ならではのメイクのコツをお伝えします。 基本はナチュラルメイク 証明写真では厚化粧、ノーメイク、それに加えて流行の最先端を行くメイクは相応しくありません。見る人に清潔

オンラインこそ見た目が重要!カメラ映えのポイントは「光」

新型コロナをきっかけとしたオンライン化の流れは、たとえ新型コロナが終息したあとでも止まることはないでしょう。むしろ、会議・ミーティングだけでなく、リモートでの営業やプレゼン、セミナーなどビジネスにおけるオンラインの重要性は高まり続けることが予想されます。直接顔を合わせるのとは違って、オンラインでは雰囲気を出しづらく、つかみづらいものです。そのために対面よりも「見た目」が重要となります。ここで大切なのは、実際の外見だけではなくどれだけよくカメラに映るかという

いくつからスキンケアを始めればよいのか

子供の肌をよく見ると、きめ細かくてつやつや、ハリもあってうらやましいことこの上ないと感じませんか。しかしよく考えてみれば、あなたにもそんなお肌の時代があったわけです。いつの間にすっかり大人になった私たち。少し思い出してみてください。いつ頃からスキンケアを始めましたか。今日はいったいいつから、いくつからスキンケアを始めればよいのかについて考察してみます。 思春期のケアがきっかけ?メイクがきっかけ? 少し前まではメイクを始めるのは高校を卒業し大学生になってから

「老け顔」を知ることで「若々しいメイク」を!秘訣は逆転の発想

人の目は残酷です。「若々しい顔」と「老け顔」、何が違うのかはっきりと言葉にはできなくても、どこかしらで若く見えるか老けて見えるかを判断していますよね。そこで今回はこの「老け顔」と判断されるポイントを知ることで、逆に若々しいメイクを攻略してみましょう。 老け顔の特徴 年齢を感じさせる原因で一番目立つのは何といってもシワでしょう。若々しくイキイキして見える女性のイラストにほうれい線や目元の小じわを書き込むと、あら不思議、一気に年齢を感じさせる顔に早変わりします