サンワのコラム

基礎化粧品・洗顔・枠練り石鹸の専門家、
サンワ・ウイングスがちょっとためになる豆知識をご紹介。

余ったシャンプー・コンディショナーは捨てずに有効活用しよう!

シャンプーとコンディショナーやトリートメントを同じシリーズで使っている場合、どちらかだけが先に終わってしまうことがありますよね。でも同じタイミングで使い終わらなくても大丈夫!余ったシャンプーやコンディショナーには、別のところでしっかりと役立ってもらいましょう。そのまま排水溝に流すなんていうもったいなことは、しないでくださいね。 余ったシャンプー・コンディショナーの使い道 余ったシャンプーの使い道のうち、気軽に使えて有用なのは、浴室掃除の洗剤として使うことで

気をつけたい詰め替えボトルの使い方

エコが叫ばれる時代、シャンプー・コンディショナーとも販売の主流はボトル容器本体から詰め替え用へと変わってきているようです。大手通信販売サイトではボトル数回分という大容量詰め替えがセールになることも多く、利用したことのある人もいるかもしれませんね。コストの面からも、環境面からも良いこと尽くめに思える詰め替え用ですが、注意しなければならない点もあります。それは、詰め替えボトルの洗浄と乾燥。せっかくお得に環境に配慮して詰め替え用を使うわけですから、安心安全に使い

知っているようで知らない、正しい髪の洗い方

毎日シャンプーしますよね。何気なくシャンプーしていますか。何か意識していますか。シャンプーやトリートメントの商品セレクトに注力しても、肝心の洗髪方法が間違っていれば効果も期待薄となってしまうのです。それなのに正しい洗髪方法を習うタイミングは人生のどこにもセッティングされていません。ということで、今日をそのタイミングとしましょう!知っているようできちんとは知らない、正しい洗髪講座の始まりです。 「頭皮」を洗う 髪を濡らしたらすぐにシャンプーをつけますか。実は

なぜうねる?髪のうねりの原因と対処法

さらさらと風になびく、すとんとまっすぐでつやのある美しい髪。イメージは抜群ですが、なぜか鏡の中のヘアスタイルはそうでもない。ドライヤーやアイロンを駆使しているつもりなのに、くせやうねりが目立つ。そんな悩みを持つ方も多いでしょう。ではなぜ髪はうねるのか? その原因を考えたことがありますか。今回は髪がうねるメカニズムとその対処法について考えます。 髪のうねりの原因 髪のうねりの原因の一つは「毛穴の歪み」です。もともとまっすぐだった毛包(髪の毛根が埋まっている部

旅行や転居で肌荒れ?その思いがけない理由とは

旅って素敵ですよね。リフレッシュできたりリラックスできたり、好奇心が刺激されたり。いつもと違う非日常を楽しむのが好きというかたも多そうです。旅行先で宿泊し、いつも通りのスキンケア・ヘアケアをしているつもりなのに、いつもより肌や髪の調子が悪いと感じることはありませんか。旅行に限らず、出張や転居などでも肌や髪に違和感を持った経験はありませんか。「いつもと違う」「今までと違う」というストレスから起こりうるとも考えられますが、実はそれ以外にも大きな原因となるものが

女性の薄毛は特別なことじゃない。そのメカニズムを徹底解説

漆黒で艶のある豊かな長い髪が美人の条件だった平安時代からも分かるように、日本では髪が重要視されてきました。顔よりもまずは髪が美人の条件というのも、今から考えると少し面白く不思議な感じもしますね。時代は移り、黒く長い髪が美人の条件ではなくなり、もっと髪は自由になりましたね。それでも艶のある髪が美しさの大きな要素の一つであることは変わりません。ところが残念なことに、年齢を重ねていくと髪は変化していきます。加齢によって、多くの女性が髪に悩みを抱えているのです。

シャンプーのサシェセットが人気な理由

ドラッグストアやスーパーなどのシャンプー・コンディショナー売り場に行くと、試供品かな?と思うような使い切りの小さなパッケージで売られている商品があります。これらは「サシェ」と呼ばれる小袋販売です。お試しだけではもったいない、有用なサシェの魅力に迫ります。 旅行用だけじゃもったいない 1回使い切りの小袋シャンプーを使う機会と言えば、どんな時を思い浮かべるでしょうか。まずは旅行。ホテル備え付けのシャンプーがある場合でも、使い慣れたもの・より洗い上りの良いものを

シリコンは悪いって本当?目的別シャンプーの選び方

シャンプーを買おうとするとき、「ノンシリコン」が謳われている商品とそうではない商品があったらどちらを選びますか。「なんとなく髪に良さそうだな」とノンシリコンというフレーズを決め手に商品を選ぶことがあるでしょうか。巷ではどうにもシリコンは悪者のイメージが強いようです。しかし実のところ、シリコンは悪者だと一概に言い切ることはできません。シリコンについて正しく知り、上手に使いこなして健康できれいな髪を目指しましょう。 シリコン=まとまり重視 ノンシリコン=ボリュ