サンワのコラム

基礎化粧品・洗顔・枠練り石鹸の専門家、
サンワ・ウイングスがちょっとためになる豆知識をご紹介。

スキンケアに正解はない!「自分に合う」ケアを求めて①オールインワン

今使っているスキンケア化粧品、気に入っていますか。使うきっかけは何でしたか。世の中には無数の化粧品があります。機能も値段もピンキリ。いったいどれが自分に合っているのか、すべてを試すことは不可能ですし、かといって適当に選ぶのも難しいですね。そこでスキンケア化粧品をタイプ別に分類し、そのメリット・デメリットをシリーズ化してお送りしましょう。今回は忙しいあなたにぴったりのオールインワン化粧品です。 「これだけで済む」という魅惑の響き スキンケアはゆったりと心を落

スキンケアで癒やされよう

少し前、化粧は女性の「身だしなみ」と捉えられていました。乱暴に言えば、一人の社会人として仕事で成果を出す以前に、程よく美しく場に花を添えるような役割が女性に課せられている時代があったわけです。しかし時代は移り、より個人がクローズアップされるようになってきました。男性か女性かという二項対立も古い考え方になりましたね。まさに多様化の時代へと突入しています。 スキンケアは「癒し」になり得る 性別やメイクの有無に関わらず美しい素肌は誰しもが求めるものとなっています

きれいな肌になるための第一歩「正しい洗顔」できていますか

「きれいになりたい!」そう願う人は多いはずです。その「きれい」が顔の造作なのか、メイクの腕なのか、素肌の美しさなのかは置いておいて、美しさが人を惹きつけるのは間違いありません。今回はその中の「肌のきれいさ」の土台である洗顔についてレポートします。 一に洗顔、二に洗顔、三四はケアで、五に洗顔 格言というわけではなく、今私が作った言葉です、すみません。しかし、それくらい洗顔は基礎で基本で土台なのです。徹底的にマスターしておくべきなのに、なぜかそこをすっ飛ばして

スキンケアの基本は保湿!乾燥から肌を守るポイントとは

ほしつ、ホシツ、保湿!スキンケアと言えば、まずは保湿。なぜそんなにも保湿が重要なのか、考えたことはありますか。せっかくですから、保湿の大切さについて掘り下げて理解しましょう。毎日のルーティーンに組み込まれている保湿は、本当に大事な役割を持っているのです。 肌トラブルは「乾燥」によってもたらされる 肌には天然のバリア機能があります。肌細胞の外側に角質層があります。この角質層にある天然保湿因子(NMF)と細胞間脂質によって角質層は水分をたっぷりと蓄えます。さら

ヒト幹細胞?名前は不気味でも効果は折り紙付き!

「幹細胞」という語を目にしたことはありますか。最近では化粧品に配合されていることも多く、コスメ売り場でもお馴染みになってきました。しかし、目にしたことはあっても深く理解しているわけでもなく、謎の多い「幹細胞」。細胞ということはわかりますが、それの何が幹なのか? どうしてお肌に良いのか? 疑問は尽きません。そこで今回は幹細胞コスメについて探っていきましょう。 ヒト幹細胞とは まずは幹細胞について学びましょう。幹細胞とは自己複製と様々な細胞への分化の両方が可能

旅行や転居で肌荒れ?その思いがけない理由とは

旅って素敵ですよね。リフレッシュできたりリラックスできたり、好奇心が刺激されたり。いつもと違う非日常を楽しむのが好きというかたも多そうです。旅行先で宿泊し、いつも通りのスキンケア・ヘアケアをしているつもりなのに、いつもより肌や髪の調子が悪いと感じることはありませんか。旅行に限らず、出張や転居などでも肌や髪に違和感を持った経験はありませんか。「いつもと違う」「今までと違う」というストレスから起こりうるとも考えられますが、実はそれ以外にも大きな原因となるものが

シワのない唇へ!NG行為とケア方法とは

顔のパーツの中で唯一色味がありパッと目を引く唇。毎日のスキンケアの中で、特別な唇ケアをしていますか?唇は皮膚というよりも、粘膜にちかい構造をしています。汗腺や皮脂腺がないので天然のバリアである皮脂膜を形成することができません。顔のほかの部分よりも敏感で繊細だという意識をもって、優しくケアしましょう。 舐めない、むかない、こすらない 唇への三大NG行為は「舐める」「皮をむく」「こする」です。頭では分かっていても、ついやってしまいがちなこれらの習慣は確実に唇に

いくつからスキンケアを始めればよいのか

子供の肌をよく見ると、きめ細かくてつやつや、ハリもあってうらやましいことこの上ないと感じませんか。しかしよく考えてみれば、あなたにもそんなお肌の時代があったわけです。いつの間にすっかり大人になった私たち。少し思い出してみてください。いつ頃からスキンケアを始めましたか。今日はいったいいつから、いくつからスキンケアを始めればよいのかについて考察してみます。 思春期のケアがきっかけ?メイクがきっかけ? 少し前まではメイクを始めるのは高校を卒業し大学生になってから

「老け顔」を知ることで「若々しいメイク」を!秘訣は逆転の発想

人の目は残酷です。「若々しい顔」と「老け顔」、何が違うのかはっきりと言葉にはできなくても、どこかしらで若く見えるか老けて見えるかを判断していますよね。そこで今回はこの「老け顔」と判断されるポイントを知ることで、逆に若々しいメイクを攻略してみましょう。 老け顔の特徴 年齢を感じさせる原因で一番目立つのは何といってもシワでしょう。若々しくイキイキして見える女性のイラストにほうれい線や目元の小じわを書き込むと、あら不思議、一気に年齢を感じさせる顔に早変わりします

「自分の顔」を見始めた男性たち

コロナ禍でテレワークをする人が増えています。考えてみれば、科学技術の進歩があったからこそテレワークが可能なわけです。コロナウィルスが技術の進歩を待って感染拡大したわけではないのですが、そう考えるとコロナウィルスがテレワーク普及の一因ともなっていて、少し複雑な気持ちになりますね。 さて、そんなテレワークでは頻繁にオンライン会議が行われます。あるいはオンラインで気の置けない友人とテレ飲み会を開催することもあるかもしれません。そんなとき、画面上に移る自分の顔をま