サンワのコラム

基礎化粧品・洗顔・枠練り石鹸の専門家、
サンワ・ウイングスがちょっとためになる豆知識をご紹介。

最新の投稿

憎き浮き輪肉を撃退する方法

寒くなって去年の冬ものを着てみたとき、きつくなっているとドキッとしますよね。男性も女性も中年になると代謝が衰え、同じように食べているだけなのに徐々に太ってしまうケースが後を絶ちません。むしろ、気を付けていても中年太りしてしまうのが普通と言ってもいいくらいです。特にお腹周りの脂肪が気になる人が多いようで、浮き輪のように見えるお腹周りのたるんだぜい肉を「浮き輪肉」と呼ぶのだとか。今回はこの憎き浮き輪肉を撃退する方法を考えてみましょう。 浮き輪肉はなぜできる?

コロナによる美容院へのニーズの変化

コロナ禍でステイホーム、不要不急の外出自粛が叫ばれた2020-2021年。2019年よりも美容院に行く回数が減った人が多かったかもしれませんね。2021年11月現在ワクチン接種率は70%を超えたものの、やがて第6波が来るのではないかという不安もあり、コロナ前の生活に戻る見通しは立ちません。どの程度の密を避けるべきなのか、どこまで人と会うのを控えるべきなのか。一律に基準となる数字はなく、皆がそれぞれそのラインを探っていると感じられます。今回はそんなコロナ後の

ノルディックウォーキングに秘められた驚きの運動効果

寒くなると身体が縮こまって肩こりや腰痛が出やすくなってしまいます。運動すれば身体はぽかぽかと温まる。そう分かってはいても、えいやっと動き出すまでがなかなか億劫ですよね。そんなときは道具に先行投資して、「元を取るようにしっかり運動しよう!」とモチベーションを上げてみるのも一手。ポールを使うことで非常に高い運動効果が得られる「ノルディックウォーキング」をご紹介します。 ウォーキングでも「全身運動」 ノルディックウォーキングはクロスカントリーの選手が夏季にオフシ

チラ見せが素敵!イヤリングカラーの魅力

そもそも「茶髪」がもはや死語かもしれませんが、「茶髪」という言葉が一般的になったのは1990年代半ばだと言われています。昭和の時代には髪が茶色というだけで不良のイメージがありましたよね。現在40代半ばを超える年代だと、若かりし時代を黒髪で過ごした人も多いでしょう。今でこそ白髪染めを含めて自由な髪色が選べる時代になりましたが、頭のどこかに極端な髪色はちょっと…という壁を無意識に作ってしまっているとしたらもったいないことです。 耳周りだけのアピールカラー そこ

コロナ禍で美容意識はどう変わったか

新型コロナウィルス感染症によって、数年前には思いもしなかった日常がやってきました。マスクの着用、三密の回避、外出自粛。テレワークになり、外出しない日はフルメイクしないという人も増えたかもしれません。そんなコロナ禍で美容意識や実際の購買行動に変化が起こっているようです。 メイクアップよりもスキンケアを重視 外出の機会が減りおうち時間が増えたことにより、メイクアップよりもスキンケアを重視のする傾向が見て取れます。マスクの長時間着用による肌荒れやニキビに悩む人が

スクワットで効率よく運動不足を解消しよう

運動、足りていますか。自信をもって「自分は十分な運動ができている」と言える人はもしかすると少ないかもしれません。仕事柄動かざるを得ない人は幸いです。逆に仕事では全く運動量を確保できず、さらにテレワークが導入されたことで貴重な運動と言えた通勤が減ってしまった人々は運動不足に悩んでいるケースが多そうですね。美と健康の3つの土台は栄養、睡眠、そして運動です。運動なくして美肌はない!と断言することはできませんが、日常的に運動習慣がある人が美肌であるというケースは数

「コロナ太り」に負けないシステムを作る

コロナ禍となって間もなく2年。以前の生活を忘れてしまったわけではないけれど、新型コロナウィルス感染症による社会の変化にも慣れた人が多くなっているようです。 「食べたい」を我慢するのは至難 そんなコロナ禍で日本では約4割の人の体重が増加したのだとか。外出や出勤が減ったことによる運動不足、自宅食の充実からくる摂取カロリーの増加といった要因が考えられます。運動と食事で比べると、圧倒的に食事が体重の増減に強く関わっていると考えられます。 ここで、運動による消費カロ

ニキビで受診するべき本当のタイミング

青春のシンボル、なんて言うと聞こえはいいですが、本人にとっては悩みの種であるニキビ。実は「尋常性ざ瘡」(じんじょうせいざそう)という名の疾患なのです。思春期にはできるものだから、触らず清潔にしておけばじきに落ち着く。これまではそんな対処をしてきた人が多いようですが、時代は変わりました。ニキビ治療の最前線をお知らせします。 赤くなる前の受診がおすすめ! 以前は赤みを帯びたり、膿がたまって黄色くなったりした炎症状態になってから抗菌剤を塗布・服用する治療法しかあ

正常な抜け毛を気に病む必要はない

朝起きると枕に数本。洗面所にも数本。部屋の床もよく見たら抜け毛が落ちている。ブラシをかけたらまた数本、シャンプーすると数本じゃ済まなくて数十本。その後のタオルドライでもドライヤーでも結構抜ける。こんなに抜けて、髪の毛は大丈夫だろうか!?などと感じたことはありませんか。髪の毛の悩みはさまざまですが、抜け毛を気にしている人、悩んでいる人も多いですよね。「抜け毛」と聞くと悪いもののように考えがちですが、抜け毛のすべてが病的で悪いというわけではありません。実は「正

暑い夏でも冷たいものを飲みすぎてはいけないワケ

暑い夏!冷茶やアイスコーヒー、冷たい炭酸飲料やキンキンに冷えたビールがとてもおいしく感じる季節です。汗で噴き出す水分をどんどん補給しないと熱中症になるから、ぐびぐび…おっと、ちょっと待ってください。その冷たい飲み物、何杯目ですか? 内臓が冷える? 冷たい飲み物は口当たりものど越しも良く、どんどん飲めてしまいます。加えて、水分補給の大切さが浸透したこともあり、飲む回数もほかの季節に比べると多くなりがちです。もちろん脱水に気を付けてこまめに水分をとることは大切

BB・CCからDDさらにEE?

メイクアップ化粧品のアルファベットシリーズ、ご存じでしょうか。BBクリーム、CCクリームはもうお馴染みですよね。最近ではDDクリームやEEクリームなども出てきているのだとか。今回はそんな進化が止まらないアルファベットクリームについて、解説します。 オールインワンメイクアップ化粧品 BBクリームはもともとドイツの皮膚科医が考案した、皮膚を保護するためのクリームです。ピーリングやレーザー施術後の患者の皮膚は非常にデリケートなので、紫外線対策、皮膚の保護、肌の再