サンワのコラム

基礎化粧品・洗顔・枠練り石鹸の専門家、
サンワ・ウイングスがちょっとためになる豆知識をご紹介。

最新の投稿

女性も気になる加齢臭対策3つのアプローチ

1999年、日本油化学会で「加齢臭」というインパクトのある言葉が初めて登場しました。高齢者の体臭の原因の一つが2-ノネナールという物質だと発見されたのです。加齢臭と言えば中高齢男性をイメージしがちですが、実はもともとは体臭やにおいに敏感な女性向けの商品開発に役立てようと研究が進められていました。加齢臭は決して恥ずかしくありません。加齢臭は程度の差こそあれ、男女の区別なく全ての人が加齢により経験する自然な身体のにおいです。ただし、皆にあるものだからと言って放

更年期と上手に付き合うための心構え

最近元気に過ごしていますか。コロナ禍となって一年あまり、何の不調もなく絶好調という人は少ないかもしれません。慢性的な心身の疲労感、病気というほどではない体調不良が日常になってしまっている人も多いでしょう。その微妙な調子の悪さの原因の一つは、もしかして更年期症状かも。え、まだそんな年齢じゃない、と感じたあなたも、もしかしたらプレ更年期かもしれないのです。 更年期は老年期への準備期間 女性の一生について生理を軸に考えると、初潮を迎える思春期、定期的な生理がある

弘法は筆を選びお手入れする!愛用のメイク道具のお手入れ術

どのメイクアップ化粧品を使うのか?と同じくらい重要な、どのメイクアップ道具を使うのか?問題。皆さんそれぞれ、お気に入りのブラシやスポンジがあることでしょう。化粧品そのものだけではなく、メイク道具にもこだわっている人はメイクが上手な印象があります。しかし驚くべきことに、メイク道具を適切にお手入れできている人の割合は大変少ないのだとか。そこで今回は、メイク道具のお手入れ術に迫ります。 メイク道具は雑菌の温床! 普段、ブラシやスポンジのお手入れに気を配っています

なぜうねる?髪のうねりの原因と対処法

さらさらと風になびく、すとんとまっすぐでつやのある美しい髪。イメージは抜群ですが、なぜか鏡の中のヘアスタイルはそうでもない。ドライヤーやアイロンを駆使しているつもりなのに、くせやうねりが目立つ。そんな悩みを持つ方も多いでしょう。ではなぜ髪はうねるのか? その原因を考えたことがありますか。今回は髪がうねるメカニズムとその対処法について考えます。 髪のうねりの原因 髪のうねりの原因の一つは「毛穴の歪み」です。もともとまっすぐだった毛包(髪の毛根が埋まっている部

とろける使い心地「クレンジングバーム」の魅力

一日とても頑張った人も、そうでもなくゆっくりと過ごした人も、お疲れさまではありますが、どんなに疲れていても寝る前にはメイクを落とす必要があります。メイクは見方を変えれば肌にのせた「汚れ」です。クレンジングでこの汚れをきれいに落とすのは美肌のための基本と言えるでしょう。クレンジング剤にはさまざまなものがありますが、最近人気なのが「クレンジングバーム」。そこで今回はこのクレンジングバームについてご紹介します。 オイルでもクリームでもない「バーム」 クレンジング

スキンケアに正解はない!「自分に合う」ケアを求めて③セレクト使い

ここまでオールインワン、ライン使いと見てきましたが、今回は最終回③セレクト使いです。最も自由度が高く上級者向けとも言えるセレクト使い。頭でっかちに難しく考える必要はありませんが、注意しておきたい点がいくつかあるのも事実です。セレクト使いの奥の深さを覗いてみましょう。 自分のこだわりを詰め込み放題 セレクト使いとは、特定のブランドやメーカーに縛られることなくアイテムを自由に選んで使うことを言います。スキンケアについて「自分流ラインナップ」を作り出すと言えば、

スキンケアに正解はない!「自分に合う」ケアを求めて②ライン使い

毎日ルーティーンとして行っているものの、考えれば考えるほど奥が深いスキンケア。今使っている商品が肌に合っているとしても、もしかしたらまだ出会っていないもっと肌に合う商品が存在しているかもしれません。そこでスキンケア化粧品をタイプ別に分類し、そのメリット・デメリットを知ろうというシリーズの2回目、ライン使い編です。好きなブランドがある、メーカーの研究力を信頼している、そんなあなたにおすすめですよ。 公式が推す安心感 ライン使いとは、同じシリーズでラインナップ

スキンケアに正解はない!「自分に合う」ケアを求めて①オールインワン

今使っているスキンケア化粧品、気に入っていますか。使うきっかけは何でしたか。世の中には無数の化粧品があります。機能も値段もピンキリ。いったいどれが自分に合っているのか、すべてを試すことは不可能ですし、かといって適当に選ぶのも難しいですね。そこでスキンケア化粧品をタイプ別に分類し、そのメリット・デメリットをシリーズ化してお送りしましょう。今回は忙しいあなたにぴったりのオールインワン化粧品です。 「これだけで済む」という魅惑の響き スキンケアはゆったりと心を落

スキンケアで癒やされよう

少し前、化粧は女性の「身だしなみ」と捉えられていました。乱暴に言えば、一人の社会人として仕事で成果を出す以前に、程よく美しく場に花を添えるような役割が女性に課せられている時代があったわけです。しかし時代は移り、より個人がクローズアップされるようになってきました。男性か女性かという二項対立も古い考え方になりましたね。まさに多様化の時代へと突入しています。 スキンケアは「癒し」になり得る 性別やメイクの有無に関わらず美しい素肌は誰しもが求めるものとなっています

きれいな肌になるための第一歩「正しい洗顔」できていますか

「きれいになりたい!」そう願う人は多いはずです。その「きれい」が顔の造作なのか、メイクの腕なのか、素肌の美しさなのかは置いておいて、美しさが人を惹きつけるのは間違いありません。今回はその中の「肌のきれいさ」の土台である洗顔についてレポートします。 一に洗顔、二に洗顔、三四はケアで、五に洗顔 格言というわけではなく、今私が作った言葉です、すみません。しかし、それくらい洗顔は基礎で基本で土台なのです。徹底的にマスターしておくべきなのに、なぜかそこをすっ飛ばして

スキンケアの基本は保湿!乾燥から肌を守るポイントとは

ほしつ、ホシツ、保湿!スキンケアと言えば、まずは保湿。なぜそんなにも保湿が重要なのか、考えたことはありますか。せっかくですから、保湿の大切さについて掘り下げて理解しましょう。毎日のルーティーンに組み込まれている保湿は、本当に大事な役割を持っているのです。 肌トラブルは「乾燥」によってもたらされる 肌には天然のバリア機能があります。肌細胞の外側に角質層があります。この角質層にある天然保湿因子(NMF)と細胞間脂質によって角質層は水分をたっぷりと蓄えます。さら